« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013.06.24

ShippoTVに出演しました。

   

お恥ずかしながら、告知です。

かんじろうをいただいてきた、
大塚の「東京キャットガーディアン」さんが
運営されているShippoTVという
ネット配信番組に出演してきました。

その様子がYouTubeにアップされていますので、
よろしければ、ぜひご覧くださいませ。

本人緊張しておりますが…どうか大目に見てください。汗

よろしくお願いいたします。

   

ShippoTV 小泉さよ(1)
ShippoTV 小泉さよ(2)
ShippoTV 小泉さよ(3)  

    
    

| | コメント (3)

2013.06.14

ご報告

     

先日、お仕事をご一緒させていただいた
(そしてこれからもご一緒させていただく予定の)
猫シェルター「東京キャットガーディアン」さんに
面談の申し込みをし、行ってまいりました。

ちょうじろうを亡くしてから、
いつかはこういった保護施設から
新しい命を救って来たい、と思っていました。

家族でたくさん話し合った結果、
とりあえず面談だけ受けさせていただき
(譲渡適合者と認められると、縁のある子に出会うまで
 何度でも猫に会いに行けます。)
今回すぐに譲渡を受けるのではなく、
今後ゆっくり考えようということになりました。

そして、主人の仕事がお休みのときに
一緒に面談を受けに行き、譲渡適合と認めていただきました。

そして、猫たちを見てまわっていたところ、
運命的なものを感じる子に出会ってしまいました。
その子はわたしたちを見て「ニャーニャー」とよく鳴きました。
そして、ちょうじろうの面影を感じさせる子でした。

時間ギリギリまで、主人と悩みました。
否定的だった主人も、どんどん気持ちが動いたようでした。
そして、決めました。

「うちの子に迎えよう。」

ちょうじろうを亡くしてから、
こんなに早く新しい子をもらってくるとは
思っていませんでした。
そんなわたしたちの選択に、
抵抗を感じる方もいらっしゃるかもしれません。
または、もしかしたら好意的に受け取ってくださる方も
いらっしゃるかもしれません。
色々な考え方があると思います。

わたしはまだ、ちょうじろうを忘れられたわけではありません。
まだ、写真を見ては涙が出てくる日もあります。
毎日、お水とお線香とお花をお供えしています。
毎日、「ずっと愛してる」と語りかけています。
これからも、ずっとずっとちょうじろうに対する
気持ちは変わりません。

新しく迎えたおチビに、ちょうじろうの面影を
追ってしまう自分もいます。
でも、同時に全く別の存在であることも実感しています。

おチビがわが家にやってきてから数日が経ちましたが、
最初、お互いに「シャーッ!」と威嚇しあっていた
おチビとらくは、今、同じフロアで少し距離を置きつつも、
お互いを認めはじめています。
おチビは「おねいちゃん!」とらくを追ったりしています。
まだ、らくは「シャーッ!」と言うこともありますが、
昨日は初めて鼻と鼻をくっつけました。
仲良くなれる日も、思ったより近いかもしれません。

まだ推定2ヶ月のおチビは、とっても甘えん坊で、
わたしの膝に乗って、もうオナカ丸出しで寝たりしています。
小さな音で、たくさんゴロゴロ言っています。
居間を駆けまわっては、疲れてラグの上でウトウト、
ウンチもおしっこもちゃんとトイレでして、
ごはんもよく食べてくれて、とっても元気です。

ご紹介します。
新しくわが家の一員になった「かんじろう」です。

『ちょらくノート』の名称は今後もそのままにする予定です。
らくとかんじろうの近況とともに、
ちょうじろうの思い出も、まだまだ載せていく予定です。

皆様、かんじろうをどうぞよろしくお願いいたします。
合わせまして『ちょらくノート』も
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

       

Img_4913
おヒゲと泣きぼくろ、かかとの黒点がポイントです。

Img_4908
すでにすっかり甘えん坊です。

     
     

| | コメント (25)

2013.06.04

SippoTVに出演します!

     

大塚にある、シェルター型猫カフェ
「東京キャットガーディアン」さんの運営されている、
SippoTVというユーストリームに
ゲスト出演することになりました!

猫のたくさんいるお部屋で、
代表の山本葉子さんとの対談形式になります。

公開録画になりますので、
お時間ありましたらぜひご観覧にいらしてください。

     

●日時 6月9日(日)19:00開場、19:30収録スタート

●場所 東京キャットガーディアン 大塚
      東京都豊島区南大塚3-50-1 ウィンドビル5F

●観覧費用 原則としてかかりませんが、シェルターを運営されている
         施設ですので、入り口でカンパをしていただけましたら幸いです。

※わたしの著作をお持ちいただけましたら、
  サインをさせていただきます。

どうぞよろしくお願いいたします!

    

詳しくはコチラ→東京キャットガーディアン  

    
   
     

    

| | コメント (2)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »