« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013.04.11

心より御礼申し上げます。

     

皆さま、ちょうじろうの訃報につきまして、
本当にたくさんの温かなコメントをいただき、
どうもありがとうございました。

お一人お一人にお返事をしなくては
いけないところではございますが、
大変申し訳ございませんが、
こちらの記事にてお礼とさせていただきます。

皆さまのコメントをひとつひとつ
大切に拝読させていただき、
涙し、励まされ、温かい気持ちになり、
ちょうじろうがいかに皆さまに
大切に思っていただいていたかを知り、
心からの感謝の気持ちでいっぱいです。

お花やお手紙もたくさんお贈りいただきました。
今、ちょうじろうのまわりはお花でいっぱいです。
お贈りいただいた皆さま、ありがとうございました。

また、コメントによって、
同じような境遇の方々がいらっしゃることも知り、
心よりお見舞い申し上げます。
どうか、皆さまのお宅の猫さんたちが
健やかに、穏やかに暮らせることができますように、
心よりお祈りしております。

わたしは、まだ正直、
一人になるとちょうじろうのことを
どうしても思い出してしまい、
後悔や、無念さや、寂しさに、
涙が止まらないときがあります。

らくや家族がそばにいてくれることや、
皆さまや、友人知人の方々に
こんなに支えていただいているにもかかわらず、
落ち込んでしまうことがあります。

きちんと送り、遺影を飾り、お線香を炊いて、
お供えもし、骨壷を好きな布で包んであげ、
知人友人等に訃報の葉書を送り、
こちらの方にもご報告し、
一連のやるべきことをやり終えた時、
無性に虚無感が襲ってきました。
きっと無理していた何かが
途切れたのかもしれません。

心にポッカリ穴があく、という言葉をよく耳にしますが、
まさにそれを今強く実感しているところです。

まだまだ辛い日々です。
でも、無理をせずたくさん泣いたり、
溜め込まずに思いを外に出したりして、
少しずつ、少しずつ、
乗り越えていくしかないと思っています。

いつか、楽しかった思い出ばかりを
思い出せるようになるまで、
ちょうちゃん、もう少しだけ心の整理をする
時間をちょうだいね。

     

Cho_hana
たくさんのお花をありがとうございました。

     
   

| | コメント (14)

2013.04.04

ありがとうございました。

    

去る4月2日午前1時15分、
愛猫ちょうじろうが
11才10ヶ月にて永眠いたしました。

昨年9月に悪性腫瘍の存在が発覚し、
手の施しようがないことがわかってから約半年、
こんなに長く一緒にいてくれると思っていなかったので
本当によくがんばってくれました。
たくさんたくさんお世話させてくれました。

骨盤のなかにできた腫瘍はとても大きなものでしたが、
幸い痛かったり辛かったりすることはないようでした。
8.5キロ超あった、とても大きな体は
すっかり痩せて小さくなってしまいましたが、
最期までずっと穏やかに過ごすことができました。

最期は、相方とわたしの二人で看取ることができ、
翌日午後、家族みんなで荼毘に付すことができました。
眠っているようなとても穏やかな顔で、
お骨も大きくて立派できれいでした。

病気がわかってから、
皆さまには本当にたくさんの温かいコメントや
念やパワーを送っていただき、
きっとここまで穏やかに長生きできたのは
皆さまのそんな想いがあってのことだと、
本当に、本当に、感謝の気持ちでいっぱいです。
ちょうじろうだけでなく、
わたしもたくさん支えていただきました。

この場をお借りして、心よりお礼申し上げます。
本当にありがとうございました。

ちょうじろうの存在は、
わたしにとって本当に本当に大きなものでした。
こんなに大事で大好きな存在がいることの幸せを
毎日毎日かみしめていました。

今はまだ正直実感がわかず、フワフワとしていて、
ちょっとしたことで涙が出てきます。

でも、仲良しの保育園のママ友達が
お線香をあげにきてくれて教えてくれました。
「こないだ、夢にちょうちゃんとさよちゃんが出てきて、
 ちょうちゃんが死んでしまって、さよちゃんが泣いてたの。
 そうしたら、ちょうちゃんがわたしに
 『ぼくはとっても幸せだったよ。』って伝えてきたの。
 まだちょうちゃんが生きているときだったから
 伝えてなかったけど、やっと伝えられてよかった。」

きっとわたしにちゃんと伝わるように、
ちょうじろうが彼女に伝えてくれたのだと思いました。
とっても安心できました。  

だから、わたしは大丈夫です。
ちょうじろうがいない寂しさは
もう少し続くかもしれませんが、
きっと受け入れられると思います。

たくさんの温かい想いを送ってくださった皆さま、
重ね重ね、本当にありがとうございました。

今後も「ちょらくノート」は変わらずに
続けていきたいと思っております。
相変わらずののんびり更新になるとは思いますが、
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

長文失礼いたしました。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
     
Cho_0403
   
      
   

| | コメント (41)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »