« an・an | トップページ | 十五夜 »

2007.09.21

ミリキタニの猫

   
「ミリキタニの猫」という映画を見に行きました。 
  
Blogpartsposter2
「ミリキタニの猫」公式HP


ジミー・ツトム・ミリキタニさんは
アメリカ生まれの日系人のおじいさんで、
第二次大戦中移民の強制収容所に入れられ
市民権も剥奪されて
ニューヨークの路上で絵を描きながら
ホームレスのような暮らしをしていました。

だけど、すばらしい絵を描く彼が、
若い女性監督さんと出会ってこの映画ができます。


彼を取り巻く環境は彼女の手によって
80才にして劇的に変わっていくのだけど、
彼の絵を描くスタンスや人柄はまったく変わらず、
その様子が、とても淡々と描かれています。

彼女との出会いでミリキタニさんの心が
じょじょにほぐれていくのがわかり、
ほんとうに久しぶりに、心から、感動してしまいました。

(言葉にすると、とてもチープで
 かるいものになってしまうのがくやしいですが…。)


また、9.11後の異様な流れのなか
アメリカにもこういう方たちがいっぱいいたのだと
思うと救われる思いも…。


ちょこちょこ出てくる監督の猫や、
猫好きのミリキタニさんの様子もたまりません。
  
そしてなにより、絵がほんとうに美しいです。
   
     
     
 
ほんとうにおすすめします。

わたしがおすぎなら、きっと
「おすぎです!この映画はぜったい見なきゃダメ!!」
とテレビで絶叫しているはず。
  
  
K_img_render_2

E0006401_12113436
    
   

|

« an・an | トップページ | 十五夜 »

コメント

わ〜!いいな、こ〜ゆう映画観たいです!でもきっと私が住んでる町や近隣の街でも上映しないんだろうなぁ。絵も素敵ですネ!なんだか、あったか〜い絵です。日系人だからでしょうか、絵に和の雰囲気を感じさせますね!

投稿: あっこ | 2007.09.22 01:26

今日の暑さを忘れさせてくれる絵ですね
わたしも絶叫仲間に!

投稿: tamapi | 2007.09.22 20:49

ワタシも注目してた映画です!
「ミス・ポター」とどっちを先に観ようかと思ってましたが
こっちを先に観ようかな~
なんかひっそりと終わってそうで早くしないと(^^;)。

NYのにゃんこは本当に自由。そして凛々しいです。トラと同じDNAがあるのがなんとなくわかります。

投稿: sedona | 2007.09.22 21:53

この映画、私の友達も観に行ってすごく勧められました!にゃんこが登場するのも魅力的~~♪

投稿: やすこ* | 2007.09.24 10:25

>あっこさん
ぜひ見ていただきたいですー。
HPで最寄りの映画館を探してみては。
ミリキタニさんは日本画を学んでいたらしいです。
水墨画もとってもきれいなんですよ。

>tamapiさん
猫にも植物などにもとても愛をかんじるのです。
ぜひご一緒に絶叫を!

>sedonaさん
「ミス・ポター」もおもしろそうですね。
こちらも思ったよりお客さんが入ってましたが、
ほとんど年配の方ばかりでした。。。なぜ??
ぜひ、お早めにどうぞ!

>やすこ*さん
わたしからもすっっごくお勧めします!
ときどき出てくるさりげないにゃんこの描写がまた
とってもよいんですよー。

投稿: sayo | 2007.09.30 22:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« an・an | トップページ | 十五夜 »