« 夏かぜ | トップページ | 第2回てれどろ展 ドローイングと受信機 »

2007.08.12

茂と千代

 
書くまでにずいぶん時間がたってしまいましたが
2週間ほど前に茂と千代(※金魚です)が相次いで、
というか、ほぼ同時に昇天してしまいました。
 
この茂と千代のあいだには
サカナとは思えない愛を感じた次第です。
なので、今回はちょっと長くなってしまいます。
 
 
  
残りの4匹は元気でした。

4匹は、黒田と吉田のアクティブ派、
茂と千代のしっとり派という2カップルに別れて
仲良く泳ぐようになりました。
  
  
ある日、茂がすこし元気がなくなってきたようなので
例によって塩水浴させてみました。
のこった千代はなんとなくさみしそうでした。
 
3日後、千代もフラフラしてきたので、
茂の入っている塩水の容器に追加して様子を見ました。
  
そして2日ほどたって、晴れて2匹いっしょに
元の水槽にもどしました。
塩水浴前よりは元気になったので一瞬安心したけど
あきらかに黒田チームよりもエサを食べる力が
弱っているらしく、あまり食べられない様子。
  
そして、また茂は弱ってきてしまいました。
しかもかなり痩せてしまったので
絶食させる塩水浴はもうムリなようでした。
  
ふつうにあげたのでは黒田たちが食べてしまうので
粒のエサを溶いて練って、割り箸の先につけて
茂の口に持っていったら、少しだけ食べてくれました。
だけど、やっぱりみるみる弱ってしまいました。

  
ふと気がつくと、フラ〜っとななめになってしまう
茂の尾をやさしく千代が支えて、持ち直させていました。
よく見ると、フラ〜っとなるたびに何度も。
わたしには持ち直させているようにしか見えませんでした。

ときには、すみで動かなくなっている茂を
やさしくつついてみたり。
黒田が「じゃまだー」とほかのやつをつつくそれとは
あきらかにちがうつつき方でした。
  
 
黒田と吉田はというと、ふたりの世界でランデブー。
我かんせずでシンクロナイズド・スイミングかましています。
 
 
しかし、茂はもうエサを口元へ持っていっても
食べる力がなくなってしまいました。
これはもうダメだな、と思いました。
そうこうしているうちに寄り添う千代も
弱ってきてしまいました。

もしかしてなにかの病気で、ほかのにも
うつってしまったらいけないので、
茂をちがう容器に移しました。

のこされた千代も見る間に弱っていきました。
仕方ないので、千代も別の容器に移しました。

間もなく、茂は動かなくなりました。
千代の最期もあきらかにすぐ目の前でした。
わたしは一晩、茂を埋めるのを待って
千代の様子を見ました。

そして翌朝、千代も帰らぬ金魚となりました。

2匹を重ねて、和紙に包んで埋めました。
   
  
   
サカナなんて、とくになにも考えずに
ただ泳いでるもんだと思っていたわたしは、
2匹にそうじゃないことをおしえられました。

あきらかに茂と千代は仲良しでした。
あきらかに「愛」を感じました。

せめていっしょに埋めてあげられたのが
よかったと思いたいです。
   
   
  
水槽はすっかりさみしくなってしまったけど、
相変わらず黒田と吉田は、右へ左へ、
おもしろいようにランデブーしたり、
かと思うと並んで寝ていたりしています。

さいしょから食欲旺盛な2匹は、
今も顔が水面から飛び出るほどのいきおいで
エサにがっつくたくましさ。


これで、奇しくもわが家は、
人間、猫、金魚ともに2匹ずつという体制に。

このままでしばらくやっていけたらと思います。
   
    

   
Img_3407
ありし日の茂と千代(上部の赤白の2匹)
  
Img_3595
またしても合掌。
    
    
      
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

茂と千代にあたたかい1ポチをお願いします。
    ↓
   
Banner_02_2
   
  

|

« 夏かぜ | トップページ | 第2回てれどろ展 ドローイングと受信機 »

コメント

茂、千代・・残念でした。小さな金魚は、はかなくて・・恋愛小説のひとこまのようで・・
前にうちにいた熱帯魚たちもすっかりカップルができていましたが、
外国産の為かあまり情のような感じはなく、サバサバしたカップルでした

投稿: tamapi | 2007.08.12 20:43

茂さんと千代さんもダメだったんですね。
読んでて、すごく悲しくなってしまいました。
もともと、お祭りの金魚すくいは可哀想であまりした事がなかったのですが、茂さんと千代さんの話を聞き金魚にも心があるんだと知りました。ほんとに2匹の間には愛がすごく感じられますね。
黒田さんと吉田さんは長生きしてほしいものです。
 
茂さん、千代さん安らかにお眠りください。
今頃、仲良く2匹で泳いでるかな。

投稿: やすこ* | 2007.08.12 22:42

お盆だからというわけではないのでしょうが、なんとなくしんみりしちゃうことが続きましたねぇ・・・(>_<)
こんな時ほど大事な人やことやものを大切にしないとなぁと思います。
茂さん、千代さんいつまでも仲良く、天の川あたりを泳いでるといいですね・・・

投稿: あさひ | 2007.08.13 09:51

はじめまして。毎回あそびに来ていました。
自分の大切な子が、居なくなったり、死んでお星様になったときって
すごく悲しいですよね・・・。
たぶん、ふたりは仲良く天に召されたと思います。

投稿: amigirou | 2007.08.13 11:49

こんにちは。残念でしたね。読んでて涙が出てきてしまいました。
なんだか恋愛小説読んでるみたいで。。。

今頃、二匹で仲良く泳いでますね、きっと。

先日、道路を歩いてた若い男性の肩に猫が乗っかっていて、一瞬目を疑いましたがホンモノの猫でした(笑)。
肩の上に顔だけ乗せて、体はヒトの背中にしがみつく格好で。。。
かなり小さい猫でぬいぐるみかと思うほどでした^^;とても可愛かったですよ。

投稿: ちょこ | 2007.08.13 14:04

名前も何だか最初から運命が決まっていたかのように
「茂と千代」ってぴったり!
「茂と千代」何だかとても素敵です。
愛情たっぷりで可愛がってもらえて幸せだったと思います。
今日のさよさんの文章は、
悲しいけど胸がじーんとなんともいえない優しい気持ちがあふれていて
私の心にたっぷりあとをひいています。

投稿: かおりん | 2007.08.13 14:07

初めまして!

日記を読ませて頂きました。
茂と千代、愛しいですね。
もっと全てのものを大切にしよう。

改めてそう思いました。

ありがとうございます。

投稿: コバヤシアミ | 2007.08.14 21:18

ダーウィンは、ミミズに豊かな知性があることを
確信しつつ研究していたそうな、、、
やはり金魚も、、、あるようですね。

投稿: うめ | 2007.08.14 23:32

こんにちは。
てっぺんからごっちん読みました。キタイをまた出演してくださってありがとうございます。それでひとつプチ情報ですが、キタイのママ猫はアメリカンショートヘアですが、実は父猫はメインクーンなんですよ。キタイのしっぽが長いのは父猫譲りです。ママ猫は「ミミ」父猫は「レオ」という名前です(たしか…)両親とも血統書付きらしいです。

投稿: やすだあや | 2007.08.15 18:37

みなさま、茂と千代にあたたかいコメント
ありがとうございます。
飼い主のいたらなさによって
次々と昇天させてしまったのはざんねんですが、
その分黒田と吉田が長生きしてくれたらよいです。。。

>やすだあやさん
お久しぶりです。「てっぺん〜」見ていただけてよかったです!
ご連絡もせずにたいへん失礼しました。。。
すばらしい情報ありがとうございますー。
らくがメインクーンぽいのは隔世遺伝だったりするのかな?
ちょうがデカイのもメインクーンの血かな??などと
思いを馳せております。

投稿: sayo | 2007.08.16 00:04

うっ、、(涙)
切ないですね。
天国で仲良く泳いでください
合唱。。。

投稿: フルウチ | 2007.08.17 01:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夏かぜ | トップページ | 第2回てれどろ展 ドローイングと受信機 »