« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006.09.28

ヤモリ

ちょうじろうが何かくわえて来たなと思ったら
2センチくらいの小さいヤモリ。

これはかわいいので(人間のエゴ)
コラはなしなさい! とほうきで顔をはたいたのだけど、

ああ!のんじゃった…


Img_9647
のんじゃった!?

Img_0031
のんじゃった〜

| | コメント (10)

2006.09.26

ワンコとさんま

土曜日、革職人をしているお友だちのお宅に行きました。
彼女のお宅には、3匹のワンコ親子がいて
広いお庭がありました。

そこで「女だらけの、酒・さんま・バーベキュー大会!」
おいしいさんまや、野菜や、スルメなど、
たくさん焼いて食べました。


Imgp1234
お庭に穴を掘りまくるあんじゅ(お母さんワンコ)

Imgp1239
焼く…というより燃えているさんま!

| | コメント (5)

2006.09.22

猫の進化について

人間は、どうしてこのような
毛の生えた動物をかわいいと思うのだろう。

猫は、なんとも絶妙な大きさや色やかたちをしている。

どうして人間にこれほど
かわいい、愛おしい、と思わせてしまう
生き物になったのだろう。

きっと生き物として生きのびるためには
人間と共存して、すばらしいと思わせて
かわいがってもらうのがいちばんなのでは、ということで
進化の過程で、人間をトリコにする術を身につけて
かわいくなってっちゃったにちがいにゃい。


Img_7141
マル

| | コメント (12)

2006.09.18

まったり

ちょうじろう、まったり。


Img_0157
ふむー

Img_0159_1
はっ!

Img_0158_2
もふ〜

| | コメント (8)

2006.09.15

きょうの肉球2

Img_0227
‥‥‥

Img_0226
ぱあ〜っ!

| | コメント (10)

2006.09.14

きょうの肉球

Img_0155
だれのでしょう?

Img_0166
ヒント:もじゃもじゃ

Img_0165
らくちゃんでした

| | コメント (7)

2006.09.12

猫と亀

上野で飲んだついでに
浦和に住むU夫婦の家に泊めてもらいました。


Imgp1210_1
U家の窓辺に毎日やって来る「ねこ次郎」

Imgp1211_1
またの名を「ねこ松」
白てぶくろがとてもおしゃれです

Imgp1212_1
またの名を「にゃんタマ」
手を出すと猫パンチを食らいます

Imgp1216_2_1
U家の亀の「鶴松」
手を出すとパクパクしながら寄ってきます

| | コメント (3)

2006.09.09

中華街

今日は、友達の誕生日お祝いのために
中華街に行きました。

Imgp1204
こんな焼きそばを食べました!
下にあんが入ってます

Imgp1209
帰りに石川町駅前で会ったニャンコ

Img_0368_2_1
雑貨屋さんで買ったネコの輪投げ
ぜんぜん中華街らしくないけど…

| | コメント (4)

2006.09.05

もみもみ

甘えっ子ちょうじろうは
よくわたしをもんでくれます。

はじめは座ってもんでいるけれど
そのうちゴロリと横になってもみはじめ(※横もみ)
最後はひっくり返ってもみます。(※裏もみ)


※印…わが家での俗称


Img_0034
横もみでわたしの脇腹をもんでいるところ

Img_0038
その後裏もみに移行しているところ

| | コメント (7)

2006.09.02

いくらちゃんの命日

今日は、実家ではじめて飼った猫
いくらちゃん (♀) の命日です。

いくらちゃんは、奥ゆかしくて
おっとりしたとてもいい子でした。

今朝、夢にいくらちゃんのお母さん猫が出てきました。

いくらちゃんとたらちゃんは
実家の裏の空き地で生まれた兄妹猫で、
(たらちゃん (♂) は1年後旅に出てしまうのですが…)
わたしはその親子にゴハンを持って通いました。

そのうちお母さん猫はどこかへ行ってしまい、
仔猫2匹がうちに住み着くようになりました。

でもお母さん猫は、たまにうちの庭に
やってきては礼儀正しく座っていました。
こどもたちをよろしくとあいさつに来ているようで
とてもかわいかったです。
   
   
今朝の夢は…
   
なぜか実家にちょうじろうとらくといっしょにいて、
そこにお母さん猫がやってきました。
ちょうとらくは、ぜんぜん警戒していませんでした。
   
   
Img_0130
おぶつだん
今日はお供えをしました

Img_0133
いくらちゃん(享年8才)


Img_9037_1
そんなこたつゆ知らず…

| | コメント (13)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »